画像処理 フリーソフト

■画像処理
画像処理、と一言に行っても色々ありますよね。自作イラストを加工するのか、それともデジタルカメラの写真を修正するのか...などなど、色んな用途があります。
画像処理のフリーソフトはたっぷりありますが、それぞれ得意分野があります。写真向けのフィルタを多く持ったソフトや、イラスト向けのソフト、低スペックマシンでも動作が快適なマシンなど。Vectorなどでソフトをダウンロードする際は、そういった点も考えてフリーソフトを選んでくださいね。

■:資格
資格検定ブームといわれていますが、画像処理にも検定があります。それが「画像処理エンジニア検定(そのまんまですね)」。1級?3級まであり、基礎?応用的な技能から著作権などの知識まで幅広い範囲でのスキルを求められる資格試験になっています。
こちらは試験形式では2?3級はマークシート試験、1級では記述試験と論文制作が必須になっており、実際にソフトを使って試験ということはないようです。フリーソフトで勉強をしていても問題は無いようですね。

■フィルタ
フィルタ機能が充実している、手軽に使える画像処理ソフトではナンバーワンとも言われ、多くの支持を集めているフリーソフトが「InfanView(最新の日本語配布バージョンは4.23)」です。もともとは画像のビューワソフトとして開発されたものなので、画像処理を行わない時もカメラ画像の閲覧など便利に使えます。
動作も快適で使いやすいのですが、このフリーソフトは最新バージョンではヘルプ機能が全て英語になっているので(以前のバージョンはヘルプも日本語化されています)、ヘルプが欲しいという方は以前のバージョンのものをダウンロードした方がいいかもしれませんね。

■無料 フリーソフト
無料のフリーソフトで本格的な画像処理のソフトを使いたい!という方にお勧めなのが「EasyAccess」。元々はベルギーのEuresys社で開発された製品の評価ソフトとして開発されたものがフリーソフトとして配布されているのですが、フリーソフトとしては非常に高いレベルの処理機能を搭載しています。
ただ、こちらのソフトは「すべて英語」という最大の問題点があります。本家の株式会社アド・サイエンスで基礎的な使い方に関して詳しくまとめたページがありますので、挑戦する際はそちらを参考にした方がいいかと思います。

■画像処理 フリーソフト
画像処理のフリーソフトも様々ありますが、マイクロソフトが無料で配布しているフリーソフトの「MS.Paint」も様々な用途に使用できる画像処理のためのソフトです。Paintの名の通りイラストソフトとしてお使いの方もいるようですが、応用的に画像処理もできますよ。
ただしマシンによってはフォトショップ並に起動や動作が遅くなるので、動作保証スペックぎりぎりのマシンをお使いの方はメモリを増設するなどのパワーアップが必要かもしれませんね。

画像処理 フリーソフトの関連記事

▲画像処理 フリーソフトトップに戻る